1. ホーム >
  2. RSSフィードとAPI機能の活用法 >
  3. RSSフィードとは?

RSSフィードとは?

RSSアイコン・表示ボタン例「RSSフィード」という言葉、目にしたことはあっても、詳しくはよく分からない。そんな機能のひとつではないでしょうか。実際ホームページ制作に関わる人でも解っていない人が大多数を占めます。そのため、実はRSSフィードはとても便利な情報発信のための機能なのですが、必ずしも上手に活用されているわけではありません。

そこで、少なくとも弊社デザインクロスのお客様にはRSSフィードを使った情報発信のメリットとその活用法を分かっていただき活用していただきたく、RSSフィード(とAPI機能)を詳しく解説したページを準備いたしました。とっつきにくい内容ではありますが、ぜひご一読の上、お客様のホームページ展開にお役立てください。

RSSフィード概要

RSSフィード(あるいは単にRSSとも呼びます)は、ニュースやブログなど各種ウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための文書フォーマット(RSSフィードの文書フォーマットには幾つかの種類がある)でできたデータの総称です。

RSSフィード文書フォーマットについてはこちら

ウェブ上でブログを作成する人はあまり意識することはありませんが、ブログの記事を書いて投稿すると、一般に目にするブログサイトのページデータ(=HTMLファイル)とは別に、実はRSSフィードのデータも連動するかたちで自動的に作成されています。

ブログ投稿すると、HTMLファイルとRSSファイルが同時に生成されます(図)

ブログ投稿すると、HTMLファイルとRSSファイルが同時に生成されます(図)

ブログフォルダ内のデータ見本

ブログフォルダ内のデータ見本


RSSフィードの中身とその利点

ブログ新規投稿時に通常のHTMLファイルと同時に自動的に作成されるRSSフィードのデータの中身は、〈投稿のタイトル〉〈投稿日時〉〈投稿者〉〈投稿の本文〉など、ごく限られた情報で成り立っています。

〈投稿のタイトル〉〈投稿日時〉〈投稿者〉〈投稿の本文〉などのデータは、それを指定するタグによって1対1で明確に定義されます(万国共通)。しかもRSSフィードにとって必須項目となるデータの種類(=タグ)は数種類しかありません。

RSSフィードのデータファイルでは〈投稿のタイトル〉〈投稿日時〉〈投稿者〉〈投稿の本文〉などが明確に定義されるため、扱うデータとしてコンピューター(パソコン)がとても処理しやすいという利点が生まれます。


整形されていないRSSフィードの実際のデータ見本

整形されていないRSSフィードの実際のデータ見本整形されていないRSSフィードのデータはとても見にくいものとなっていますが、実際には、HTMLファイルに比べ、ずっとタグの種類も少なく、シンプルです。

ご覧の通りRSSフィードはそのままでは読みにくいですね。RSSフィードを読むには専用のRSSリーダー(フィードリーダー)といったアプリケーションソフトやブラウザーに備わるRSSリーダー機能を使う必要があります

最近のブラウザーにはほぼ100%「RSSリーダー機能」が備わっています。

HTMLファイルとの違い

通常目にするホームページのHTMLファイルでは、ページがデザインされ、文字が装飾され、原則的には制作者が考えて意図した通りに表示されます。

これに対して、RSSフィードは情報データそのものであり、表示の仕方を制御する記述はありません。その分、データは軽いものとなるわけです。(これもコンピューターがデータ処理しやすい理由のひとつです。)

表示の仕方はそのRSSファイルを開いたRSSリーダー(フィードリーダー)やブラウザーのRSSリーダーに依存します。情報の読み手はRSSリーダー(フィードリーダー)やブラウザーのRSSリーダー機能の範囲内で自分が読みやすいようにカスタマイズして読むことができます

例えば、本文の文字数100字まで表示させるような設定も可能です。最初に読んでみて興味がある記事内容の時には全部読めるようにしたり、情報の元になっているHTMLファイルのホームページに簡単にジャンプすることもできます。

その他にも、表示する記事の順番を「日時別」ではなく、「作者別」や「タイトル別」に並び変えることも可能です。正にRSSフィードが情報データであるという利点を活かした機能と呼べます。


RSSリーダーを使った効率的な情報収集

上述の「RSSフィードの中身とその利点」の中で、RSSフィードのデータの中身が明確に定義された限られた種類のデータ(万国共通)から成り、かつ、装飾などの情報を含まないために軽いデータであることを説明しました。そのためRSSフィードのデータは、コンピューター(パソコン)がとても処理しやすいものとなっています。

コンピューター(パソコン)が処理しやすいデータであるというRSSフィードの利点を活かした一番の活用法は、RSSリーダー(フィードリーダー)やブラウザーのRSSリーダー機能を使っての効率的な情報収集です。

RSSフィードのない時代、ホームページの更新チェックは、いちいちそのホームページを訪問してチェックするしかありませんでした。時には何回も無駄足を運ぶようなケースもあったことでしょう。

これを劇的に改善したのがRSSフィードとRSSリーダーです。

関心のあるホームページがある人は、そのホームページのRSSフィード(のURL)をRSSリーダーに登録します。後はパソコン上でRSSリーダーを立ち上げておけば、RSSリーダーアプリが自ら定期的にそのRSSフィード(のあるサーバー)にアクセスし、新しい情報がないかチェックし、更新情報があった場合のみお知らせしてくれます
(サーバーにチェックに行くという意味では、新着メールをチェックするメールアプリの機能と似ています。)

他にも便利な機能として、ある特定にキーワードを含むRSSフィードを取得する機能もあります。特定のキーワードとして、例えば、企業名・サービス名・商品名などを指定しておけば、それらについて触れたRSS配信しているニュースやブログの情報を比較的簡単にチェックできたりします。

〔注〕RSSリーダー(フィードリーダー)やブラウザーのRSSリーダー機能にあまり沢山のホームページのRSSフィードを登録すると、RSSリーダーはバックグラウンドで登録ホームページのあるサーバーを訪問し、更新情報の有無をチェックをするので、動作が重くなるケースがあります。
(RSSリーダーがRSSフィードを定期的にチェックする間隔は変更できます。)

 ホームページ展開で、新着情報や更新情報を発信する際は、利用者に
 大きなメリットをもたらすRSSフィードのあるブログ形式でおこなうことをオススメします!


RSSフィードとAPI機能の組合せで、さらに一歩進んだ情報発信を!

このコーナーでは主にRSSフィードを活用して情報収集することの利用者側のメリットを説明しましたが、取りも直さず利用者側にメリットがあるということは、情報を発信する側にもRSSフィードで情報発信するメリットがあるということです。

次のコーナーでは、RSSフィードを使った情報発信をさらにパワーアップするために、API機能を付加したRSSフィードの活用例を具体的にご紹介します。

API機能とは、簡単に言うと、自分のパソコン上で行っていたRSSリーダー(フィードリーダー)やブラウザーのRSSリーダー機能を、RSSフィードをチェックする専用のサーバー(=パソコン)で行うようにし、その読み込んだ結果(=新着情報)を自社のホームページ上に書き出すようにしたものです。

RSSフィードをチェックする専用のサーバーについては、無償(広告リンク有り・無し)・有償で提供されています。

なお、サーバーサイド・スクリプト言語であるPHP(ピー・エイチ・ピー。Hypertext Preprocessor、ハイパーテキスト・プリプロセッサー)プログラミング言語などを使えば、自社サーバーやレンタルサーバー(サーバーの種類によっては不可)でRSSフィード収集作業を行わせることも可能です。

次のコーナーでの紹介例は、主に Google AJAX Feed API(無償、広告リンク無し)の機能を利用したものとなっています。

RSSフィードとAPI機能を活用して、効果的に新着情報を発信! > > >

 

デザクロ・メモは、デザインクロスが制作・設定などの際に利用・参照可能な情報です

  • 特になし

見出し

本文

デザクロ・メモはここまで。クリックで閉まります

このページ「RSSフィードとは?」の更新履歴

直近の更新履歴

2010-08-08
RSSフィードとは?を公開

以前の更新履歴

2010-08-08
RSSフィードとは?を公開

ひとつ前のページにもどる

▲このページの先頭へ