1. ホーム >
  2. Google >
  3. Analytics >
  4. コンテンツの詳細

コンテンツの詳細

コンテンツの詳細で何が判るの?

コンテンツの詳細とは、集計期間内に閲覧されたページを階層(ディレクトリ、フォルダ)単位でページビュー数の多い順から並べたデータです。(ファイル名とフォルダ名は全て英語表記になります。)

通常 Webサイトはテーマやジャンル、年代といった関連性のある複数ファイルを1つのフォルダ内にまとめ、整理整頓(=いわゆる階層分け)して作成されます。その階層(ディレクトリ、フォルダ)単位での閲覧数や利用状況が判る訳ですから、サイトの中で取り上げているテーマやジャンルといった大きな括りで、どれだけ多くの興味をもたれ、閲覧されているかが判ります


通常、ウェブサイトは次のような階層構成(=ディレクトリ構成)で制作します。

ホームページ構成を示した図

アナリティクスの「コンテンツの詳細」の並び順に表示される項目(ページ)は、第1階層にあるファイル(通常はトップページ)と第2階層下のファイルを含むフォルダ(フォルダ自体は第1階層と同じ階層=位置にある。上図の赤線内)になります。(加えて、検索エンジンのキャッシュ毎のデータも表示されることがあります。)

フォルダ名をクリックすると、そのフォルダ内のファイルとフォルダ(フォルダがある場合)が表示されます。

さらにファイル名のURLをクリックすると、「上位のコンテンツ」ページと同様のコンテンツ詳細ページに移動します。

デザインクロス作成Webサイトは、原則第1階層のファイルはトップページのみ、他のファイルも閲覧しやすさと検索エンジンを考慮し第2階層、第3階層までで収まるようなサイト構成で成り立っています。

関連情報は、デザインクロスのホームページの「検索エンジンが好むホームページ構成でのサイト設計」をご覧ください。

※Windows の OS では通常、初期設定のままだとホームページのファイル html や画像ファイル jpg(.jpeg)、gif といった拡張子は表示しない設定になっていて、拡張子が確認できないようになっています。インターネット業務に携わる方なら是非、拡張子を表示した状態での作業をお勧めします。

拡張子の表示設定変更の仕方、詳しくはこちら。

コンテンツの詳細のページ見本

グーグル・アナリティクスのコンテンツの詳細のページ見本


デザクロ・メモは、デザインクロスが制作・設定などの際に利用・参照可能な情報です

  • 特になし

見出し

本文

デザクロ・メモはここまで。クリックで閉まります

このページ「コンテンツの詳細」の更新履歴

直近の更新履歴

2010-12-30
ホームページの構成図を追加、記述を一部追加
2010-03-15
記述を一部見直して公開
2009-07-09
グーグル・アナリティクス活用法「コンテンツの詳細」制作

以前の更新履歴

2010-12-30
ホームページの構成図を追加、記述を一部追加
2010-03-15
記述を一部見直して公開
2009-07-09
グーグル・アナリティクス活用法「コンテンツの詳細」制作

ひとつ前のページにもどる

▲このページの先頭へ