1. ホーム >
  2. Google >
  3. Analytics >
  4. タイトル別のコンテンツ

タイトル別のコンテンツ

タイトル別のコンテンツで何が判るの?

タイトル別のコンテンツとは、集計期間内に閲覧されたページをページタイトル別にページビュー数の多い順から並べたデータです。Webサイト中で多く開かれたページの(日本語)タイトル名が判ります。

各ページのタイトルで分けているため、タイトルが同じページは全て1つのタイトルの欄に含まれて表示されます。

ひとつ前の項目「上位のコンテンツ」と異なり、同じページが分かれて表示されることがないのがメリットですが、逆に、同じページタイトルを使っている場合、合算されて表示されるといデメリットもあります。

デザインクロス作成のホームページは、基本、全て異なるページタイトル(検索エンジン対策として最適化したタイトル)が付けられています。
ブログ(=CMS)で生成されたページの場合、システムの特性上同じタイトル名になる場合があります。

表内の各ページタイトルをクリックすると、そのページタイトルをもつページのURLが表示され、それぞれの閲覧数や利用状況の詳細が確認できます。

この時に2つ以上のURL(ホームページアドレス)が表示されるケースがあります。そのケースは以下の通りです。

さらにそのURLをクリックすると、「上位のコンテンツ」ページと同様のコンテンツ詳細ページに移動します。

タイトル別のコンテンツのページ見本

グーグル・アナリティクスのタイトル別のコンテンツのページ見本


デザクロ・メモは、デザインクロスが制作・設定などの際に利用・参照可能な情報です

  • 特になし

見出し

本文

デザクロ・メモはここまで。クリックで閉まります

このページ「タイトル別のコンテンツ」の更新履歴

直近の更新履歴

2010-03-15
記述を一部見直して公開
2009-07-09
グーグル・アナリティクス活用法「タイトル別のコンテンツ」制作

以前の更新履歴

2010-03-15
記述を一部見直して公開
2009-07-09
グーグル・アナリティクス活用法「タイトル別のコンテンツ」制作

ひとつ前のページにもどる

▲このページの先頭へ