1. ホーム >
  2. Google >
  3. Analytics >
  4. 滞在中のページビュー数

滞在中のページビュー数

滞在中のページビュー数とは

滞在中のページビュー数とは、集計期間内の1回の訪問(セッション)で、サイト内のページを重複も含めて何回開いたかを表します。

この数値により総ページビュー数が、ある特定のページが大量にカウントされて総数になった(=ピンポイント的興味)か、それともサイト内のページが万遍なくカウントされ総数になった(=全体的興味)のかが判ります。

なお、滞在中のページビュー数からは、閲覧された特定のページがどのページなのかまでは判りません。

滞在中のページビュー数のページ見本

グーグル・アナリティクスの滞在中のページビュー数のページ見本

滞在中のページビュー数の一般傾向

一般に、企業サイトは滞在中のページビュー数が多く、小規模ネットショップ(=通販サイト)や小規模サービスを提供している Webサイトは滞在中のページビュー数は少なくなります

逆に言えば、その傾向に合っていない場合、ウェブサイト自体に問題があることも考えられます。

例えば、小規模ネットショップで単品を販売しているのに、滞在中のページビュー数がやたらと多いとすれば、それは購入までの説明が繁雑で判りにくかったり、ショップ自体が信頼性に欠けるように思われ、隅から隅までチェックされているようなケースも想定されます。

サイトの構成やホームページのデザインがお粗末だと、その会社やショップ自体の信頼性が著しく下がりますから、ここで述べたケースに当てはまるような場合は、ホームページの改善(=リニューアル)をお勧めします。

サイトの構成・リンクの形態によりページビュー数が大きく増減することについての注意は「ページビュー数」のページをご覧ください。


デザクロ・メモは、デザインクロスが制作・設定などの際に利用・参照可能な情報です

  • 特になし

見出し

本文

デザクロ・メモはここまで。クリックで閉まります

このページ「滞在中のページビュー数」の更新履歴

直近の更新履歴

2010-03-15
記述を一部見直して公開
2009-07-09
グーグル・アナリティクス活用法「滞在中のページビュー数」制作

以前の更新履歴

2010-03-15
記述を一部見直して公開
2009-07-09
グーグル・アナリティクス活用法「滞在中のページビュー数」制作

ひとつ前のページにもどる

▲このページの先頭へ