1. ホーム >
  2. Google >
  3. Analytics >
  4. 離脱ページ

離脱ページ

離脱ページとは

集計期間内において、サイト訪問者が閲覧を終了したページやディレクトリのURLをセッション単位で分類したデータです。どのページでサイトを見るのをやめたかが判ります。

※設定ページにおいてトップページ = index.html と登録してある場合、ディレクトリは表示されません。

なお、離脱ページ欄の URL には、検索エンジンのキャッシュページも表示される場合があります。

離脱ページ欄で、ファイル名(フォルダ名の場合もあります)のURLをクリックすると、「上位のコンテンツ」ページと同様のコンテンツ詳細ページに移動します。

離脱ページの捉え方

ユーザー(=閲覧している人)が Webサイトを離脱するとはどういうことでしょう? いくつか下に挙げてみます。

【プラス要因】

【マイナス要因】

【どちらとも言えない要因】

単に離脱率を気にするのでなく、そのページの目的や性質と照らし合わせて考えましょう。

離脱ページのページ見本

グーグル・アナリティクスの離脱ページのページ見本

※離脱ページにおけるページビュー数が、全セッションにおけるページビュー数より少なくなるのは、全く離脱がなかったページのページビュー数の分だけ引かれているからです。


デザクロ・メモは、デザインクロスが制作・設定などの際に利用・参照可能な情報です

  • 特になし

見出し

本文

デザクロ・メモはここまで。クリックで閉まります

このページ「離脱ページ」の更新履歴

直近の更新履歴

2010-03-15
記述を一部見直して公開
2009-07-09
グーグル・アナリティクス活用法「離脱ページ」制作

以前の更新履歴

2010-03-15
記述を一部見直して公開
2009-07-09
グーグル・アナリティクス活用法「離脱ページ」制作

ひとつ前のページにもどる

▲このページの先頭へ