1. ホーム >
  2. Google >
  3. Analytics >
  4. キーワード

キーワード

キーワードとは

集計期間内において、検索エンジン経由でサイトを訪れた際、どのような検索キーワードによって検索されたかを、セッション単位で分類したとても重要かつ有用なデータです。

検索キーワード毎の平均ページビュー数・平均サイト滞在時間・直帰率などを確認することで、訪問者がサイトに求めていることやそれに対して有効なページ作りになっているかが判ります。

また、検索キーワードの傾向から、訪問者(お客様)が何を求めているかが把握できるため、今後力を入れるべきコンテンツ(ホームページ作り)や、広くは商売(商品・サービス・販売)の方向性も見えてきます。とても重要な指標です。

なお、このページ「キーワード」からのセッション合計数は、「検索エンジン」のページにおけるセッション数と合致します。

キーワードのページ見本

グーグル・アナリティクスのキーワードのページ見本

「セッション数0」とは?

例えばある検索キーワードで一度サイトを訪問した後に検索エンジンに戻り、別の検索キーワードで検索し、再び同じサイトへ訪問した場合、それが30分以内ならセッション数は1となります。アナリティクスではこのように1回のセッションで2種類以上の検索キーワードでサイトを訪問した場合、最初の検索キーワードをセッション数1と数え、残りの検索キーワードをセッション数0と区分します。

セッション数の定義の仕方について、詳しくは「セッション数(すべてのユーザーのセッション数)」のページをご覧ください。

検索キーワードによって実際に訪れたページの確認方法

  1. 表の検索キーワードをクリックします。
  2. サイトの利用状況(=その検索キーワードでのセッションの詳細)のページが表示されます。
  3. ディメンション「なし」をクリックして「閲覧開始ページ」を選択します。
  4. その検索キーワードによってサイトを訪れた最初のページが表示されます。

グーグル・アナリティクスの検索キーワードによって実際に訪れたページの確認方法の見本

ある検索キーワードでサイトを訪問したのに直帰率が高いということは、そのキーワードに対するコンテンツ(ページ)の満足度が低いことを一般には意味しますが、実際にはそんな単純な話ではありません。実際のコンテンツ(ページ)の中身やサイト構成を確認しながら、その平均滞在時間を加味することで、より総合的に判断することができます。(検索キーワードに対するセッション数があまり多くない場合は、「直帰率の高さ」を気にする必要はありません。)

例えば、いくつか思い付くヒントを次に挙げたいと思います。

個々のページの直帰率を見る際の注意点

個々のページの直帰率を見る際は、「サイトの直帰率」を見る時との違いを意識してください。サイトの直帰率の場合、サイトへの最初の訪問は必ず存在しますが、個々のページの場合、必ずしも最初の訪問があるわけではありません

直帰率とは最初のページを訪れて直ぐに別のサイトに移る比率のことですから、個々のページが最初の訪問ページに当たらない限り直帰率はそもそも生じません。例えば極端な例(実際にあった例)ですが、集計期間のセッション数が100以上あるページで、直帰率100%だったので、調べてみると、最初のページとして訪問したセッションは2回という結果でした。つまり直帰率100%は2分の2の確率だったのです。

個々のページの直帰数の調べ方についてはこちら。〈準備中〉

グーグル・アナリティクスのセッション数をもっと詳しく発展的に掘り下げるコーナー

埋もれている優良な検索キーワードの見つけ方

ズバリ、直帰率が低くて平均ページビュー数が多い検索キーワードです。そのキーワードでのセッション数を増やす方向で検索エンジン対策(SEO)を計りましょう。

ここでの検索エンジン対策の具体的な方法につきましては、専門的な知識が必要になりますので、デザインクロスまでお問い合わせ、もしくはお申し込みください。

直帰率が低くて平均ページビュー数が多い検索キーワードの見つけ方

  1. 初期設定では、セッション数の多い順に並んでいます。
  2. 直帰率をクリックすると、直帰率の高い順に並びます。
  3. もう一回直帰率をクリックして、直帰率の低い順に並び替えます。
  4. 検索キーワードの表示件数を増やして、平均ページビューの欄を確認できるようにしましょう。
  5. 平均ページビューの欄の大きい数字を確認します。


直帰率が低くて平均ページビュー数が多い検索キーワードの見つけ方

検索キーワード上位10種の全体に対する適正な割合
(ロングテールの法則に照らし合わせて)

検索キーワード上位10種のセッション数合計が全キーワードによるセッション数の20%以下ならロングテールの法則に当てはまるので、安定したアクセスが期待できます。

これに対し、検索キーワード上位10種のセッション数合計の割合が全体の20%以上を占める場合は、ある特定の人気検索キーワードへの依存が高いことを意味するので、何かの理由でその検索キーワードの人気が落ちたり、その検索キーワードに対する検索エンジンのアルゴリズムの変化でアクセスが減少した際、大きくサイトへの訪問が減る危険性があります。

検索エンジンのアルゴリズムについて詳しくはこちら。〈準備中〉

ただし、これはサイトの規模が100ページ以下の小規模サイトや、特定のテーマや商品に特化したサイトには当てはまらないケースがありますから、注意が必要です。

検索キーワード上位10種の全体における割合を円グラフで分かりやすく表示させる方法

検索キーワード上位10種の全体における割合

特定の検索キーワードへの依存の危険性

検索結果の順位はあくまで相対的なものです。他にそのキーワードに狙いを定めた大規模なサイトが現れたり、そのキーワードにピンポイントで狙いを定めたサイトが現れると、小規模なサイトは直ぐにそのキーワードからのアクセスは下がってしまうという危険性があります。

そうならないためには、自社サイトのコンテンツの質・量ともに絶えずコンスタントに充実さていく努力が必要になります。

ウェブサイトにおける検索キーワード総数の適正な割合

あくまで目安にすぎませんが、Webサイトにおける全ページ数の約3〜10倍の検索キーワードの種類で検索されることが目標となります。サイトの全ページ数が100ページなら、300以上の検索キーワードで検索されることがひとつの目安になります。

総ページ数が多ければ多いほど(1,000ページを超えるようなサイト)、検索キーワードの種類は飛躍的に増えていく傾向が一般的です。

検索キーワードの種類の総数の表示箇所

ウェブサイトのページ数が増えることによる相乗効果

ページ数が多ければ、その分文字量が増大し、検索対象となる言葉(=検索キーワード)が増えます。同時にページ数が多くなれば、その Webサイトの規模が大きくなるので、検索エンジンの評価が上がります。(ページ数を多くするためには更新頻度を増やす必要があります。更新頻度が多くなればその分検索エンジンの評価も上がります。)

結果、ページ数が多いとそれだけ多く検索され、しかも検索エンジンの評価も上がるので、その分検索結果で上位表示されやすくなます。上位表示されるとアクセスが増え、更に検索エンジンの評価が上がるという相乗効果が生まれます。

改めて Webサイトのコンテンツの質と量を充実させることの大切さが分かります。

検索エンジン対策(SEO)としてのウェブサイトの規模については、弊社デザインクロスのメインサイト内ページ「検索エンジン対策」の「ホームページの規模(=コンテンツの質・量ともに)」もご覧ください。

リピーターがブックマーク(=お気に入り)代わりに使う検索キーワードの把握方法

ウェブサイトを訪れるリピーターの中には、ブックマーク(=お気に入り)をクリックして訪問する代わりに、検索エンジンを立ち上げ、そのサイトが上位(通常5位以内)表示される検索キーワード(その多くは社名やサイト名)を打ち込み、その検索結果をクリックすることで訪問するケースが増えてきています。(この方法のメリットは、どのパソコンからも簡単にお気に入りのサイトにアクセスできる点が挙げられます。また、ブックマーク自体が増えすぎて、その結果どこにブックマークしたかを忘れ、かえってブックマークを探す方が手間だったりすることもその要因です。)

とは言え、誰もが共通の検索キーワードを使う訳でありません。その検索キーワードを探る手掛かりになるのは、新規セッション率が低く、セッション数が多い検索キーワードです。

ブックマーク代わりに使われる検索キーワードは是が非でも検索結果の上位をキープしなければなりません

新規セッション率が低く、セッション数が多い(ブックマーク代わりとなる)検索キーワードの見つけ方

  1. 初期設定では、セッション数の多い順に並んでいます。
  2. 新規セッション率をクリックすると、新規セッション率の高い順に並びます。
  3. もう一回新規セッション率をクリックして、新規セッション率の低い順に並び替えます。
  4. セッション数の欄の大きい数字を確認します。
  5. 検索キーワードの表示件数を最大限まで増やして、セッション数の欄を確認しましょう。(上記「埋もれている優良な検索キーワードの見つけ方」の図の〔4〕を参照してください。)


直帰率が低くて平均ページビュー数が多い検索キーワードの見つけ方

検索キーワードにおける自社サイト順位の簡単に確認する方法

自社サイトにとってのポイントとなる検索キーワード(ブランディングにとって重要な社名・サイト名や商品名・商品のカテゴリー名など)の順位は、定期的な確認が大切です。とは言え、Yahoo!、Google、Bing(MSN)と検索エンジンをひとつひとつ変え、それぞれに検索キーワードを打ち込み、検索結果のページを100位ぐらいまで確かめるのは手間が掛かります。それをまとめてやってくれる便利なサイトが「順位検索ツール DW230」です。

順位検索ツール DW230
http://seo.dw230.com/rank/〔クリックすると、別ウィンドウでサイトが開きます。〕

「順位検索ツール DW230」の使い方

  1. ページを開いたら、「キーワード」の欄に順位を調べたい検索キーワードを入力します。
  2. 「URLの一部の欄」にWebサイトのホームページアドレス(URL)を入力します。
  3. 「この条件で検査」を実行すると、グーグル、ヤフー、Bingにおける上位100件の検索結果が表示されます。(全検索結果数も検索エンジン名の右脇に表示されます。)

    調べたサイトが100位以内に入っている場合は、赤色の文字で表示されます。(入っていない場合は100位圏外ということです。)


順位検索ツール DW230の使い方と検索結果の説明

※上図サンプルは、弊社旧Webサイト(http://www.designcross.jp/)の検索順位をキーワード「デザクロ」での調べた時のものです。


デザクロ・メモは、デザインクロスが制作・設定などの際に利用・参照可能な情報です

  • 特になし

見出し

本文

デザクロ・メモはここまで。クリックで閉まります

このページ「キーワード」の更新履歴

直近の更新履歴

2010-03-15
記述を一部見直して公開
2009-07-09
グーグル・アナリティクス活用法「キーワード」制作

以前の更新履歴

2010-03-15
記述を一部見直して公開
2009-07-09
グーグル・アナリティクス活用法「キーワード」制作

ひとつ前のページにもどる

▲このページの先頭へ